2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


夕陽ヶ丘(ゆうひがおか)
2005年結成、
nobu(ani)-G/VO
hide-Dr
の実の兄妹からなる2ピースバンド。



このワクワク感、彼らはいったいどこまで連れて行ってくれるのだろう。

桜満開の土曜日、東京池袋地下2階のライブハウスLIVE IN ROSAに足を踏み入れた。

あれからちょうど一年、【夕陽ヶ丘】久々のライブです!

001ステージ

”おお、広い!”(笑)私の見たLIVEの中では、一番大きい箱での夕陽ヶ丘。

いきなり女の子の司会者(?)が出てきて、グダグダのしゃべくりをかまされる(苦笑)

【夕陽ヶ丘】が呼ばれて、いきなりステージインタビュー?

ちょっと待てよ!そんなのは演奏後にやるべきでしょ〜!

”はじまり”のこの大切な瞬間を・・まあ、気を取り直して(笑)ステージがはじまる。


一曲目は、もはや定番となった、”複数面”

いきなりhideのスクリームシャウト!(かっこいい〜!!)

おもわず顔がにやけてしまいます(笑)


今回は30分という短いステージで6曲。

オープニング”複数面”と、4曲目の”キスミー・トラストミー”以外は、全て新曲。

002

はじめてドラムスのhideがリードボーカルの曲も披露してくれた。

個人的にはラストの曲、”ないものねだり”がとてつもなく心に響いてきた。

(が、レコーディングはしないと決めているらしい・・・もったいない!)

ただ、短すぎ!あまりにも短い!30分なんてあっという間過ぎて、欲求不満が湧き起こってその処理に困りました。(笑)


そして、今回やっと、何も起きませんでした(冒頭のインタビュー以外は・笑)

箱の問題も、PAの問題も、照明も、機材も、おそらくモニターも、大きな問題というものはなかったと思います。

ただ誤解を恐れずに言うと、”フラット”でした。

バンドも生き物、大変なトラブルやいらだちが、思いもしないパワーを生み出すきっかけになるものです。

今回は、特別な外からの圧力?のようなものが無い分、素の【夕陽ヶ丘】だったのかなという気がしました。

ということは、ここからがまた新たなチャレンジのような気がします。

きちんと聞かせられる環境、音を確実に届けられる環境で、どこまで”うねり”や”ながれ”を造り出して、観客にたたきつけられるか。

本当の勝負の始まりのような気がします。

003

方向性としては、確かな【夕陽ヶ丘】の色を見せてくれたというか、確立されてきたと感じました。

ファーストCDでは、ある意味一番かっこいいけれど、ある意味一番浮いて聞こえた(私だけ?笑)”複数面”が、今回のLIVEでは全く浮いて聞こえない。

録音ものと生演奏でのギャップが無くなってきたなぁ〜と、本当に嬉しく思いました。


mixiコミュに入会した人には特別プレゼント(太っ腹!)という4曲入りCDを、会場で頂いたのですが、あれから100回くらい聞きました。(マジです・笑)

素晴らしい出来のCD!新曲の2曲が、本当に光っています。


次のLIVEも既に決定して、着々と準備も進んでいる様子、胸が高鳴ります!

さて、次はどんな【夕陽ヶ丘】を見せてくれるのでしょうか。

その期待、ワクワク感だけで、あと一ヶ月を楽々乗り越えられそうです♪

弾けろ!夕陽ヶ丘〜!!


☆セットリスト

1 複数面
2 ハッピーエンド(新曲)
3 めぐりあいfuture(新曲)
4 キスミー・トラストミー
5 タンバリンdays(新曲)
6 ないものねだり(新曲)

次回のライブ
4/27日(日曜日)
池袋 3-tri 「TOKYO SHOW CASE VOL.6」に出陣。
open:12:30 start:13:00 close:22:00
この時間内のいつしかが出番です。(詳細は後日)

夕陽ヶ丘〜公式ブログ〜”夕陽ヶ丘に腰を下ろして”http://yuuhigaoka.jugem.jp/

mixi夕陽ヶ丘コミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=2892282



・・・と、最後に大サービスで、もう一枚!(笑)

004


comment