2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


音楽を作成するという作業から離れて、もう12年。

自分の中でもやっと整理が出来てきたというか、音楽(と人生?)に正面からぶつかれるようになってきたという気が薄々してました。


昔作っていた頃は、ステージでこういう役割の曲が欲しい(メンバー紹介とかオープニングとか)という、規制を自分自身に課して作り続けていたので、全く誰からも望まれていない状態で音を作るなんて、私にとっては凄い贅沢のような気がします(笑)

それこそMIDI規格が発表された1983年頃には、既に同期演奏とか打ち込みとかを無理矢理取り入れてましたので、デジタル系にはなじみがあります。


・・のはずなのですが、よく考えると最近誰でも使っている感のある、ウェーブ編集とかは”あんな音をパクって貼り付けたのなんてオリジナルじゃないじゃん!”なんて言って避けてきました。

つまり、デジタルを駆使してアナログな事をやり続けていたって感じなんですかね。

まあ、でも今回は一丁腰を入れてそういうのもやってみるか!と、DTM (DeskTop Music・パソコンと電子楽器をMIDIなどで接続して演奏する音楽、あるいはその音楽制作行為の総称) のシステムを一新しちゃいました。

しかしここ10年〜20年の凄まじき進歩に唖然!

”なんと!ここまで来てしまったのかこの世界は!”というほどの細かい設定と機能が満載(笑)


昔はあれほど苦労した打ち込みテクニックが、全く意味のない物になっちゃってるのですよこれが!

ギターのちょーキングとかグリッサンド、ハンマリングオン・オフの感じや微妙なノリや揺れまで結構簡単に作れちゃうんですよね。

それに、ウェーブ(音のデータ)の加工ってこんなに簡単にできちゃうの!?ってびっくりしました。

音程がはずれて録音した、”うた”までしっかりと音程を直してしまうなんて・・


そりゃそうか、私が初めてPCさわった頃なんて、確かフロッピーにシーケンサーソフトごと全てのデータまで入っていて、使うたびにPCに読み込ませていたような記憶が(笑)
メモリーなんて20メガもついてりゃ仲間内でうらやましがられるような、今では信じられない世界だったのだから、当然といえば当然ですよね。

まあ、そんなこんなで曲の製作どころか、遙かにそれ以前の”機械達をどう動かすのか”って部分に、延々と時間を使っています。(笑)


でも、それがまた結構面白くて、クラッシックの名曲を打ち込んでアレンジしてみたり、ヒップホップ風のミックスをあれこれ試したりと。

新曲が出来るのは、まだまだ先かなぁという今日この頃です。


※写真はこの頃の私の卓上。仕事はしてないの?って聞かないで下さいね!(笑)


こんな状態


comment

うわ〜凄い!カッコイイ!

・・・って、何屋さんの卓上か分かりません(笑)
これは、仕事用の卓上ではなく、ご趣味(出来れば本職?)用の卓上写真ですね(笑)

  • misao
  • 2007/04/01 10:58 AM

★misaoさん
はい、将来はリフォームの得意なミュージシャンになろうかなと思っています(笑)

本当は私の仕事机、全部で3mくらいあるので、右の写っていない部分はかなり違った風景なのですが、そのあたりも徐々に浸食されつつあります。
そのうち本当にいらなくなってしまったらどうしよう・・と少々不安を抱えつつ(笑)

  • kaname
  • 2007/04/01 12:12 PM