2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


オートマ限定免許の人がいきなりフェラーリを買っちゃったような・・・・

いや普通免許しかない男が何を思ったか現役F1マシーンを手に入れてしまったような・・・・一体どこで乗れるのよ、第一ちゃんと運転出来るわけないでしょ!とつっこみたくなる事態ですよ、全く。


遂に、遂に夢にまで見た、中学生の頃からずっと憧れ続けていた、RedSpecialがここに!

もちろんレプリカモデルなのですが、今年の春にK'z Guitar Worksさんに発注してから、ひたすら待つこと半年以上、やっと12月に入って我が家に届きました。

まず梱包の段ボールを見て感激!

あの夢にまで見たレスペの”形”が!!

そうそう、この形!これなんですよ!なんて粋な演出!

と、しょっぱなから期待感を煽られっぱなしの私は、”この段ボール絶対に捨てられない”と、切り抜いて部屋に飾りました。


梱包に感動”!


さて、肝心の中身を(笑)

梱包をとくと、中からこのギターの為に設計されたハードケースがお目見え。

K'z Guitar Worksのネーム入りで、ギターの上部にあたる所に矢印がついています。


専用ケース


そっとケースを開くと、ピッタリとはまって輝くRedSpecialが!

思えば、この形に憧れて中学生時代に、トムソン(トーマス?)かなんかの安いギターをノコギリで切り飛ばして、塗装して、ピックガードを自作して、マイ・レッドスペシャルを造ったこともありました。

グレコから9万円でコピーモデルが出た時も、悩みに悩んで”この形、色、やっぱり違うんだよなぁ”と泣く泣く入手を断念したこともありました。

まさかこの年になって、夢が叶うなんて、本当に私は幸せ者です。


遂にこの手に!


このギターは、K'z Guitar Worksで造っているPro.というハイエンドモデルではなく、その下のJr.というモデルなのですが、さすがK'z Guitarさん、徹底したこだわりでここまで素晴らしいレプリカモデルを造ってくれました。

そして、ケースのサイドボックスを開けると、専用の調整用工具と一緒に小さな袋に入った3枚のコインが!

コイン!え!嘘でしょ!あの探しに探してもう諦めていたコイン!

オーストラリアの5セントコインではないですか!

本家クイーンのギタリスト・ブライアンメイは、イギリスの6ペンスコインでレッドスペシャルを弾き、今はなくなってしまったので、同じサイズ同じ重さ(周りのギザギザまで同じ数)のオーストラリアのコインを使っているらしく、まさしくその5セントコインをサービスで入れておいてくれたのです。

なんて、なんて粋なはからい!もう伊集院様様です(K'z Guitar Worksの代表)。

私は今日から工房のある埼玉には決して足を向けて寝ません(笑)!


粋なプレゼント


そうか、こんなコインなのか〜。

凄く小さくて指に吸い付く感じ。

色んなコインで試してみたことはありましたが、どれも上手くいったことはなかったのに、これなら納得です。


ギターを持ってみると、とてつもなく軽い。

完全なソリッドではなく、内部に音を反響させる為の空間(サウンドボックス)があることが、手に取るようにわかります。

指板の仕上がりがピカピカで、丹念に塗装を繰り返して仕上げた丁寧さがしっかりと伝わります。


弾いた第一印象は、”とても繊細”

思った通り、音の表現力というか、音色がとても多彩で、色んな顔を持っている。

いや〜これは、今から色々と試しながら弾き込んでいくしかないな、とおもわず顔がにやけてくる(笑)

弾いてみて気になったのは、1弦がネックから少し落ちそうになること。

伊集院さんにお聞きした所、やはりこのあたりは慣れるしかなさそうです。

これまでテレキャスターを振り回しながら弾いていた私は、このギターを弾きこなせるように繊細さを身につけよう(全てにおいて?笑)と決意しました。


このギターのことは、またブログにレポートをガンガンUPしていきたいと、思います。

とにかくK'z Guitar Worksの伊集院さんにはいくら感謝してもしきれません。

こんなに素晴らしい、これぞRedSpecialというギターを造りだしてくれる方に出会えた幸せをかみしめています。

あ〜、ほんと幸せ♪♪


レスペのある私の部屋


comment

いいですね〜。うらやましいです。私も早く大人になって買いたいですね〜。
今はテレを同じようにつかってます。でも学校にオーストラリア人の先生が居たので、コインは持っています。なのでよけいにほしい!!K’z以外はやはり違うのでオフィシャルも買いたくないですね。
写真の奥のアンプもいいですね。うらやましー。

  • ちゅうがっく3ねんクイーン大好き
  • 2007/07/09 12:11 AM

★ちゅうがっく3ねんクイーン大好きさん

コメントありがとうございます!
忙しくて見落としてました、すみませんm(__)m

コインって意外に減るのが早いですよね〜。
ガンガン使いたいけど無くなるのは嫌だし・・とジレンマです。

そっか〜、中3ですか、これからの夢がいっぱいでいいですね!
是非レスペ手に入れて下さいね!

  • kaname
  • 2007/07/21 7:01 AM

僕はグレコを持っていまして…
最も…最近はジャズに移って、バンドアンサンブルで難があった(サックスとやるにはパワー不足。不足していたのは腕前かも知れません)ためお蔵入りしましたが、ロックやっていた時代はレッドスペシャルを構えるたび
「俺はブライアン…」
と悦に入っていました。
…ちょうどヴィジュアル全盛でしたので、レッドスペシャルの渋さを理解してくれる同年代は殆どいませんでしたが。

  • 手羽先
  • 2008/07/06 1:54 AM

補足しておけば、高校生の頃バンドはグレコのレッドスペシャルとグレコのジョンレノンモデルのツインギター体制で…
…やっていたのはX−JAPAN…。
どういうセンスか疑われ、V系からも洋楽ファンからも大ブーイングでした。いい思い出です。
クイーンの思い出は、一番最初に覚えたソロが『Don't stop me now』で、チョーキングの加減がわからずに、泣きながら練習した事ですか。
つい懐かしくなり、コメントしました。
乱文失礼します。

  • 手羽先
  • 2008/07/06 1:57 PM

★手羽先さん
いらっしゃいませ!コメントありがとうございます!
グレコのレスペ持ってらっしゃるんですか〜♪
高校時代って、いろいろありますよね(笑)
私は黒のレスポールで、ジョーペリーやりたかったのに、無理矢理KISSのエース役でフルコピやらされたりしてましたよ(完全コスプレで・笑)
”これからガンガン、レスペレポートアップします”なんて書いておいて、ほぼ放置状態(爆)すみませんm(__)m

  • kaname
  • 2008/07/07 9:38 AM

はじめまして。

レッドスペシャル...やはり素晴らしいギターですね。
ボディー裏面に何も無い、という所がカッコイイと思います。

もし、このギターが普及すれば、ボディー・トップも変わっていくと思いますよ。

アーチド・トップにスルーネックなんか面白いですね。
バインディングがギターを一周してしまいますけどね(笑)。

噂によると、オリジナルは木材にデコールを使用し、指板はプラスチック塗装だとか。
ぶっとびました。

貧乏魂の結晶、オールド・レディー。
世界一のエレキギターです。

  • たいく〜ん
  • 2012/10/26 8:49 PM









trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/02/26 8:53 AM

テレキャスターについて

テレキャスターテレキャスター(Telecaster、略称:テレキャス)は、フェンダー (楽器メーカー)|フェンダー社の創設者、レオ・フェンダーが開発したエレクトリックギター。ソリッドボディ(ボディが一枚板で、空洞がない)構造、デタッチャブルワンピースメイプルネック

  • 音楽を奏でる(雑学編)
  • 2007/06/29 4:23 AM