2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


先日仕事帰りの車の中で、いつものようにJ-WAVEをならすと、なんとあの村治佳織さんが”禁じられた遊び”を生演奏で。

”あ、そうだ、この時間クラッシーカフェだ!”

音の繋ぎの部分で、かすかに聞こえる楽譜にはない音。

さすがセンスいいですよね♪だって、あの誰にでも弾けるような曲を、きっちりと忠実に弾きながらもやはり普通じゃないんですから。

この番組がスタートしたときは、自分のことのようにハラハラとしながら聞いていたのを思い出します。

きっと何も知らない人がこの番組を聞いていても、まさかこの可愛い声で話している若い女の人がこの演奏をしているとは簡単には理解出来ないだろうなー(笑)と、いつも思います。


彼女の存在をはじめて知ったときには、心底驚きました。

あんなに可愛い女の子があのテクニック、とんでもなく難しい曲を完璧に弾きこなしてゆくのです、しかも情感をたっぷりとこめて。

”凄い人がいたもんだ、まいったなぁ〜、でもきっと性格まで素晴らしいなんて事はないよね、さすがに。”とか勝手に思っていました。

ところが、それからしばらくして思いがけないことが起こります。

私が二十歳の頃からずっと付き合っている友人でヘアーカットの達人(本当に大好きな友人です)が、「村治佳織さんって知ってる?最近うちのお店にカットにきてくれるんだよね。」「え〜!」って事になったのです。

話を聞くと、本当に謙虚で素敵な方だという事がわかって、それ以来本当のファンになってしまいました。


私がはじめて音楽に触れたのもクラッシックギターでした。

物心もつかないようなうちから、親父(昔は楽団を持っている様な人だったようです)がギターを弾いて、自分にも触らせていたようで、小学校の4年生か5年生くらいのあたりから、自分でもちゃんと弾いてみたいと思い、練習を始めました。

その後フォークだ!ロックだ!となってしまうのですが、クラッシックギターというものは自分の中ではいつまでも、なにか特別な位置を占めているのです。


そして、ちょうどそのころ何を思ったのか、私はクラッシックギターの手造りに挑戦していました。(キットですが、かなり本格的なものです)

そのことを友人が村治さんに話したそうで、そのギターを”お店に持ってきといて”と言ってくれ、丁寧なサインを(!)していただきました。

実際はその辺の店で売っている安いギターより、もっとたちの悪いもの(笑)なのに、その時から大切な大切な宝物になってしまいました。
(だって、あの村治佳織さんが手にとって弾いてくれたんですよ!)

サインが消えてしまわないように、その上からもう一度丁寧にクリア塗装をして完成です。

本当に天が二物も三物も四物も、与えてしまった人って存在するものなんだなぁ〜!


娘の名前・ねいと・ってよみます!村治佳織さん


comment

うらやまし〜!!いいですねぇー^^
村治さんのギターいいですよね。私も大好きです☆

  • ようこ
  • 2006/08/28 8:58 PM

★ようこさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!
世間一般的にはまだまだ知らない人も多いので、
村治さんのこと好きな人って妙に親近感おぼえてしまいます。(笑)
また遊びに来て下さいね!

あと、mixiのサイトで見付けたの貼り込んでおきます♪
http://www.youtube.com/watch?v=MnItB2pSlIc&feature=PlayList&p=E41CECEBA3CF0A9F&index=1

  • kaname
  • 2006/08/28 9:49 PM

kanameさん、すご〜いですね。
クラッシックギターも手作りされるなんて!
私も村治佳織さんのギター好きです。ものすごいテクニックの持ち主ですよね。
うらやまし〜な〜
宝物ですね。

★aroma-mamaさん、ありがとうございます。
何かのきっかけで”あ、やりたい!”と思ったことが、自分の中で熟成してきて、”よし、やろう!”に変わってしまうと、
もう他のこと考えられなくなって、突き進んでしまう習性みたいです(笑)

村治さんって、あれだけ才能があってルックスも良いので、芸能界で大ブレイクするのなんて簡単なのに、
決してそういう方向に行かないところが素敵ですよね!
TVやCMでも、音楽家としてギターと一緒でなければ出演しない・をポリシーとしているとうかがいました。
なんだか、一時の大ブームを起こして消えていく様なことを絶対にしない、ヨーロッパあたりの老舗ブランドのようなイメージが大好きです。
(値引きなし・量産なし・媚びることなく常にプライド高く、御客様には親切丁寧・・って感じ?笑)

  • kaname
  • 2006/08/29 11:57 AM

ほんとにたちの悪いギターだったね。
年内に新譜が発売されるよ、7月にロンドンで録音してきたって、またCDにサインもらっとくよ。
よかったら皆さんも遠慮なくどーぞ。記念になりますよ。

  • 2006/08/29 12:37 PM

★h氏、いらっしゃいませ!
>ほんとにたちの悪いギターだったね。
まあね、苦労しましたよ。
だってテンションかけるとブリッジが浮いてくるし、結局ビスナットで止めちゃったんだよね。
でもまだ弾けてるよ、なんとか(笑)

いっつもありがとうね!
え〜、みんなのサイン頼んでくれるの?!
どうしよう、どうしよう!皆さんって、どれくらいの皆さんまで大丈夫なのかな?
なんだか凄いことになっちゃったら困るから、何か決めとこうか?どうしよう!

  • kaname
  • 2006/08/29 2:51 PM


CD持ってる人みんないいよ。

     たぶん

  • hiro
  • 2006/08/29 3:26 PM

はじめまして。
すご〜いですね。
ギターを手作りされるなんて。
しかもそこに村治さんにサインしていただいたなんて!!

実は、私も小さいころずっと
クラシックギターを習ってました。
(ほんとはピアノを習いたかったのに
父の趣味を押し付けられました)

中学時代はフォークギター
高校時代はバンド組んでギターやったり、
フラメンコギター習ったりしたので
役には立ちましたけど。

ひさしぶりにギター触りたくなってきました。

  • わたべえ
  • 2006/08/29 3:32 PM

★わたべえさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます!

わたべえさんもギタリストだったんですね!
何故か訳もなく嬉しいです〜♪

またちょくちょく遊びに来て下さいね、お待ちしてます!

  • kaname
  • 2006/08/29 4:50 PM

★みんな〜聞いた、聞いた!?(笑)
CD持ってきてくれればサイン手配してくれるって〜!
ほんとに欲しい方は御遠慮なく相談して下さいね〜!

  • kaname
  • 2006/08/29 4:53 PM

村上さんの音色いいですよね
べっぴんさんだし。

私も大好きなピアニストのリサイタルで
彼女が弾いた曲目が含まれる楽譜を持っていって
サインしてもらったことがあります
もうボロボロだけど宝物です

  • にょろこ
  • 2006/09/01 11:03 AM

★にょろこさん
そうそう、そのピアニストさんのこと教えて下さいね!凄く興味があります。

ちなみに”ぺっぴんさん”って言葉、大好きです!
なんだか人柄とか振る舞いまで含めて褒めているような感じのいい言葉ですよね〜。

  • kaname
  • 2006/09/01 11:58 AM









trackback

村治佳織の期間限定ブログ

読売新聞のyorimoというサイトの今月の人というページに 9月のブログとして音の旅人〜Bon Voyage〜に村治佳織が登場している 今までどうもクラシックって縁遠かったのですが、 CMでも流れたサンバーストを聴いて アルバムを聴いてみたいと思いました 今年

  • 伏龍庵
  • 2006/09/05 11:20 PM